本日 303 人 - 昨日 2827 人 - 累計 3010017 人
  • 記事検索

RSS

学習院大の二人は雪の中から発見

 一昨日(2/9)から消息不明となっていた学習院大学山岳部の二人は、阿弥陀岳南側の斜面の雪の中に埋まった状態で発見された。
 二人共死亡が確認されている。

 報道などによると、

 二人は八ヶ岳連峰の阿弥陀岳の南側の急斜面の約200m下部で、1.5mの雪に埋まった状態で発見されたが、現場で死亡が確認された。

 二人の体はロープで結ばれていて、複雑に絡まった状態だったという。

 無事下山した山岳部員の話しでは、遅れた19歳の女性部員をリーダーで主将の22歳の男性が、ロープで結び引っ張りながら歩いていたと証言している。

 現場の状況などから、滑落した可能性が高いとみられている。付近に落ちていた赤い手袋が目印となり、ビーコンの電波に反応した場所を掘ったところ、1.5mの雪の中から二人を発見したようだ。

 今日は、学習院大学山岳部OBも捜索に加わり、捜索に期待がもたれたが、視界が回復した午後、ヘリコプターで現場に投入された救助隊により残念な状態で発見された。

 今年も、信州の山で、若い命が奪われてしまった。装備も揃っていた上、リーダーの男子学生は海外登山の隊長を務めるなど経験があったようだが、冬の八ヶ岳には勝てなかったのか、本当に残念です。

 心よりご冥福をお祈りします。


関連記事
山岳遭難救助の実態 (11月04日)
先月きのこ採り遭難の男性見つかる (10月21日)
群馬妙義山で男性滑落 (10月30日)
救助ヘリの風で落石要救助者死亡 (05月15日)
尾瀬の遭難最悪ペース (11月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):