本日 2224 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758113 人
  • 記事検索

RSS

善光寺「灯明まつり」始まる

DSC_0292 恒例の善光寺の灯明まつりが、2月7日から始まりました。
 初日から、大勢の人で賑わっています。

DSC_0277 長野オリンピックを記念して始まった灯明まつりも、今年で12回を数え、すっかり長野の風物詩となりました。

 長野オリンピックの開会式では、善光寺の鐘の音で始まりましたが、そんな縁もあるのでしょうか。

 灯明まつりは、五輪に因んで、善光寺が五色にライトアップされます。 

 今話題の青色LEDは、山門を照らし独特の雰囲気を漂わせています。

 灯明まつりを楽しむには、トイーゴから参道を歩くのがいいでしょう。

 参道にぎっしり並んだ「平和のともしび」(写真右上)の中を歩きましょう。

DSC_0281 次に、「ゆめ灯り絵」(写真左)の中を進みます。
この灯篭は、小学生からプロまでの、応募作品が展示されているようです。コンテストも行われています。

 本当に見事な切り絵の物もあります。背丈ほどの大きなものもあります。お見逃しなく。

DSC_0289 山門は青くライトアップされています。その奥に浮かぶ赤い善光寺さんが幻想的です。

 初日(2/7)は、天候にも恵まれ大勢の人出となりました。
 参道では、パフォーマンスや屋台、ふるまいもあり楽しませてくれます。

 参道沿いの食堂や商店で買い物をすると、福引の挑戦券を頂けますが、福引をするには長蛇の列に並ばなければなりません。

 灯明まつりは、2月15日(日曜日)まで、時間は18時から21時まで。

 休日の11日、14日、15日は、歩行者天国の範囲も広く、イベントもたくさん用意されています。

 善光寺も五色に変化するようです。写真を撮るなら、平日がいいでしょう。

 参拝することもお忘れなく、ご利益も五色になればいいのですが、、、。


関連記事
松茸採ったぞー (09月09日)
菅平高原は降雪機フル稼働 (12月20日)
信州北部峠道は積雪 (11月25日)
双子ナスはここにも (08月03日)
えびす講花火遠望 (11月23日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):