本日 2494 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758383 人
  • 記事検索

RSS

いつまで続く野沢の遭難

 野沢温泉のコース外で、また遭難が発生。外国人男性が、沢に転落していたところを救助された。

 長野県警の発表によると、
 
 昨日(2/2)、野沢温泉スキー場で、友人と滑っていた54歳のスウェーデン人の男性がはぐれ行方不明となった。

 スキー場パトロールと警察で捜索したところ、夜8時前、沢沿いの堰堤内で、動けなくなっていた男性を発見し救助した。

 低体温症の疑いで病院に搬送されたが、大したケガはしていない模様。

 毎週のように発生するコース外滑走の遭難。滑る側のモラルが一番大事だが、別の視点での対策がとれないものか。外国人観光客に対する対応も考え直さないといけないのかも知れない。


関連記事
阿弥陀岳事故の状況 (03月27日)
年末年始信州周辺で11件の遭難事故 (01月04日)
また槍ヶ岳で遭難2件発生 (08月06日)
北穂高岳で遭難か (06月03日)
「山岳救助活動における消防・警察の連携会議」開かれる (07月21日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] ベテラン | 2015/02/15 00:38
コース外であっても滑る人がいる場合を想定して方向表示や危険対策は最小限講じたほうがよい。無対策はよくない。誤って入る場合もある。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):