本日 51 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1824136 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

2月は晴れる日が多い 1か月予報

 向こう1か月は、平年に比べて晴れの日が多い見通し。しかし、来週いっぱいは、気温の低い日が続く。

 1月29日、気象庁は向こう1か月(1/31-2/28)の天候見通しを発表した。

 それによると、関東甲信地方は、平年に比べ晴れの日が多く、
 平均気温は、平年並または低くなる確率が40%。
 日照時間は、平年並または多く確率が40%となっている。

 天気は晴れても気温が低くなる予報だ。

 週別では、今週(2/6まで)の気温は、平年より低くなる確率が60%となっている。寒い日続きそうである。

 寒さが一段落するのは、バレンタインデー以降となる見通しとなっている。
 二人の熱で暖かくなるのでしょうか。

 気温が低いうちは、インフルエンザの流行が続くかもしれません、健康管理には十分注意してください。


関連記事
志賀草津高原ルートを走る (04月26日)
冬の高井橋 (12月22日)
今日は19年に一度の「朔旦冬至」 (12月22日)
信州中部大雪軽井沢23センチ (11月25日)
早くも冬タイヤに交換 (11月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):