本日 153 人 - 昨日 2828 人 - 累計 3362335 人
  • 記事検索

RSS

コース外滑走の懲りない面々

 昨日、信州の野沢温泉スキー場のコース外で滑走していて、木にぶつかり大けがを負う事故が起きた。

 信越放送によると、

 1月31日、野沢温泉スキー場のコース外の山林(立入禁止区域)を滑っていた40代から50代の7人のうちの一人が、立ち木に衝突しろっ骨や腰の骨を折る大けがを負った。

 ケガをした男性は、大阪府高槻市の会社員の山中さん44歳。

 野沢では、先日(1/22ブログ参照)も中年男性組の遭難騒ぎがあったばかり。今年だけで三件目となる。

 これだけ騒がれても、いい年して常識がないのでしょうか。開いた口がふさがりません。
 野沢温泉村の条例に基づき、しっかり救助費用を請求してほしいものです。


 また、外国人がコース外を滑走して雪崩に巻き込まれて、2名が亡くなったばかりの竜王スキー場で、コース外を滑走した25歳の男性が道に迷い救助要請。

 2時間後に、山林で救助された模様。なんとも言いようがありません。


関連記事
川上岳、大山で滑落死亡事故 (05月05日)
雪崩遭難事故の現状 (01月17日)
南ア鋸岳で男性滑落 (09月07日)
常念岳で高校山岳部員を救助 (08月04日)
谷川岳で都庁山岳部員3人重傷 (05月27日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):