本日 174 人 - 昨日 2969 人 - 累計 2402848 人
  • 記事検索

RSS

蕎麦は新行の「山品」

IMGP1548 北アルプスを望む大町市美麻の新行地区は、本物の蕎麦が食べれることで有名で、全国から蕎麦ファンが多数訪れる場所。
 その新行に「山品」ありと言われている。

IMGP1543 新行(しんぎょう)地区は、大町や白馬のとなりに位置し、北アルプスを仰ぐ高原地帯のため蕎麦栽培の適地で、昔から蕎麦の栽培が盛んに行われ、有数の蕎麦どころとなった。

 
 新行では、蕎麦を出すところが数件ある。民宿などが座敷で蕎麦を食べさせているところが多い。

 昔の農家は、1階の部屋がふすまで仕切られているだけで、ふすまを外すと50畳ほどの大広間が出来る。

 「山品」(やましな)もそんな蕎麦屋の一つ。

 山品の座敷には、所狭しと、各界の著名人の色紙、写真が飾られている。おかみさんのミーハーぶりがうかがえる。

 菅原文太さんも生前に、この蕎麦を食いにきたのだろう、色紙と写真が飾られている。なぜか遺影に見えてしまうのは、私だけだろうか。

IMGP1542 山品を訪れる人は、真冬でもあとを絶たない。冬でも県外ナンバーの車が多い。
 夏の行楽シーズンの昼時は、店外のベンチで1時間は待つ覚悟が必要だろう。

 店は10時30分から営業しているが、蕎麦が無くなったら閉店となるから要注意だ。定休日は金曜日。

 山品の蕎麦は、地粉を使った手打ち蕎麦で、細いがこしがある麺だ。滑らかでのど越しはよい。

 つゆは、熟成させた「かえし」と厳選のかつお節で仕上げているとのこと。

IMGP1546 写真のもり蕎麦は700円と手頃だが、若者は大盛りを頼んだ方がいいだろう。

 アルプスを見ながら蕎麦を食べると、蕎麦のあじも一層引き立つ。

 また、新行地区の蕎麦屋を食べ歩いて、食べ比べてみるのも面白い。


 新行地区まで、車なら、長野市からオリンピック道路経由で40分、信濃大町から県道31号線経由で15分。

 真冬のもり蕎麦も、乙なもんですよ。蕎麦も体も引き締まりますよ、、、。
 


関連記事
岳都大町のかつ丼の昭和軒 (02月16日)
「手打ちそば 双葉さ」 (05月15日)
岡谷の鰻は「濱丑」 (01月26日)
信濃大町カレーストリート2015 (08月28日)
ヤマケイの「勘助蕎麦」 (06月06日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):