本日 2205 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758094 人
  • 記事検索

RSS

妙高戸隠連山国立公園が誕生

IMG_3382 上信越高原国立公園から分離される西部地域の名称は、妙高戸隠連山(みょうこうとがくしれんざん)国立公園となることが決まった。

 上信越高原国立公園の面積は広大で、全国で二番目に広い。
 西部地域(妙高・戸隠エリア)は東部地域(志賀高原・谷川・苗場・草津・万座・浅間地域)とは異なる風景形式を有していること。

 また、利用面においてもそれぞれの地域が独立性・独自性を有していることから、環境省は昨年、西部地域を分離する再編方針を示していた。

 本日(1/20)、中央環境審議会自然環境部会が開催され、分離再編方針が了承となり、分離される西部地域の新名称については、「妙高戸隠連山国立公園」とすることが適当とする意見が付された。

 これにより、3月には新たに「妙高戸隠連山国立公園」が誕生することになった。全国で32番目、面積は39,772haで18番目の国立公園の誕生である。

 1956年7月10日、妙高・戸隠地域が上信越高原国立公園に編入され59年経過しての分離となった。

 なお、新名称については、長野県信濃町、飯綱町、小谷村、新潟県糸魚川市が「信越高原」、長野市が「妙高黒姫戸隠高原」、新潟県妙高市が「妙高戸隠」を提案していたが、結果として、妙高市の提案に近いものとなった。


 ※写真は妙高山


関連記事
東京発上高地行バス誕生 (03月29日)
赤石岳登山道情報 (07月16日)
活火山登山届は努力義務へ (04月15日)
登山ガイドの国家資格を検討か (11月16日)
長野県登山安全条例施行規則を改正 (06月03日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):