本日 904 人 - 昨日 4435 人 - 累計 2770557 人
  • 記事検索

RSS

日本一高いスキー場 横手山

IMGP1313 日本一標高が高いところにあるスキー場は、志賀高原にある横手山スキー場です。
 晴れ間を突いて滑ってきましたが、、。

 横手山スキー場は、その名のとおり横手山にあるスキー場で、山頂(2,307m)までリフト3本を乗り継げば誰でも行くことができます。(行くことと、滑って下りてくることは別ですが)

IMGP1330 山頂エリアは、まさに厳寒の冬山そのもの。この日(1/18)の山頂の気温氷点下10℃、風速は体感で5、6mはありそうだ。
 そうなると体感温度は氷点下15℃ということになる。

IMGP1319 役目を終えたNTT中継局の鉄塔の、張り付いた氷雪を見ればその気象条件がお分かりでしょう。

 サングラスだけのフェースには、雪の粒が容赦なく突き刺さる。風上に体を向けてはとても耐えらない風雪だ。

 山頂から滑り下りるコースは、オフピステの上級コース(オフピステと言うよりは、圧雪車が入れない斜度とコース幅)と、圧雪された中級コースしかない。

IMGP1341 コース上にスキー客はまばらで、万が一コースアウトして雪に埋まれば、冗談でなくかなり危険な状態となるだろう。
 難コースであることから、山頂エリアはスノーボードが全面禁止の今時珍しいスキー場だ。

 中盤まで滑り降りれば風の影響も少なくなり、これが同じスキー場かと思うほど。
 終盤は、ポールでこがなければ止まってしまうほど傾斜が緩い。

 高校生の頃、ここの3キロダウンヒル・スキー大会に参加したことがあるが、上部の難コースで神経と体力を使ってから、後半のこの緩斜面は本当につらかったもの。

IMGP1277 第1スカイリフト乗場まで戻ると、笠岳(高山村)も雄姿を見せてくれた。笠岳の向こうは側はヤマボクとなる。

 山頂までのリフト料金は三本で1,000円(ポイント券の場合)、十分にその価値はあります。普通の人なら、これ1本滑れば十分なのかもしれません。

 山岳スキーや冬山は、横手山でいつでも体験できます。スキー場なんてと絶対バカにしないでください。ただ雪が積もった里山と違います。冬山装備で滑りに行ってください。
IMGP0452 夏の横手山の画像もアップします。見比べてください。

 横手山には、もう一つ日本一高いものがあります。それはパン屋さんです。もちろん山頂のヒュッテで焼いています。これもここの名物です。

 実はもう一つ日本一があったのですが今はありません。
 それは「スターバックス」(標高が高い日本一)です。昨年5月に閉店してしまいました。

IMGP1307 気象の安定している日、あるいは春スキーに是非訪れてみてください。志賀高原の山々や北信五岳、そして北アルプスの絶景が待っています。
 

 


関連記事
松代城と妻女山 (02月26日)
山フェス「北アルプス100年祭」 (09月26日)
山に登るトレーニングは何? (11月25日)
富山県警春山情報3号発表 (04月30日)
北ア槍ヶ岳で初氷 (09月16日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):