本日 4339 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2760228 人
  • 記事検索

RSS

雪山の消防署

10 - 3 冬の飯綱エリアを守る山の消防署がある。

10 - 9 長野市の飯綱高原の標高約1,100mに、長野市消防局中央消防署飯綱分署がある。

 近くには、長野冬季オリンピックの会場となった飯縄高原スキー場(写真右)(モーグル会場)と、ボブスレー、リュージュ会場となった「スパイラル」がある。

 飯綱山や戸隠連峰の登山口も近い。

 飯縄高原の積雪は既に1mを越えている。こんなところにも地域の住民の安全を守る消防署がある。

 夏はさわやかな高原の中にあり、出動がなければ穏やかな勤務となるだろうが、冬期はまったくべつだろう。

 さぞや除雪作業も大変だろうと思いきや、車庫前の除雪は業者に委託しているようだ。
 ここだけ舗装面が現れて、出動に支障がないよう万全の態勢をとっているのだろう。

 常時5名の隊員と高規格救急車1台、消防車3台が待機しているようだ。

 信州には、他にもこのように標高の高い場所に消防署がある。市街地のように出動は多くないだろうが、山岳やスキー場を抱え他とは異なる出動も多いのでしょう。

 引き続き住民の安心安全のため頑張ってください。

 今日は、長野市消防出初式が行われる。気が引き締まる一日となるだろう。


関連記事
明日から冬型の気圧配置 (11月21日)
伊那消防組合解散へ (12月02日)
富士山遭難多発で山梨県が警告 (01月27日)
「噴火速報」の発表開始へ (08月10日)
自衛隊広報ROOMリニューアル (04月15日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):