本日 2049 人 - 昨日 4120 人 - 累計 2775822 人
  • 記事検索

RSS

2014信州の山岳遭難272件

 2014年一年間に発生した信州の山岳遭難件数は272件で、前年より28件減少した。

 長野県警によると、
 2014年の信州の山岳遭難件数は272件で前年比-28件、死者行方不明者は51人 同-23人。

 なお、御嶽山噴火災害は考慮されていないようだ。

区分発生件数死者行方不明者負傷者無事救出等遭難者計
2014年27246148102301
2013年3006516193328
比較△28△19△4△13△27



 山域別では、全体の六割167件が北アルプスで発生し、29名が亡くなり一人が行方不明となっている。
 このうち、槍穂高での死者が17名と断トツ。

 前年より減少したと言っても、過去二番目の高い数値となっているようなので、さらに対策が必要であろう。

 今年、長野県警は、全国で初めて登山安全対策課を設置する。
 また、長野県は(仮称)安全登山条例の制定も検討しているところだ。

 登山者自身は、技術・体力にあった登山を心がけること、ルールやマナーを守ることなど、常に安全に対する意識を高めることが大事でしょう。


関連記事
北ア穂高連峰で男性の遺体 (09月08日)
信州山岳遭難多発 (08月11日)
北ア蝶ヶ岳で男性遭難 (05月31日)
船窪岳の不明女性発見も (08月07日)
各地で山岳遭難相次ぐ (05月27日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):