本日 222 人 - 昨日 2962 人 - 累計 2320946 人
  • 記事検索

RSS

乗鞍岳頂上山荘建替え

IMGP8711.JPG 乗鞍岳の「頂上小屋」が今年建て替えられることになった。
 夏に着工して年内の完成をめざすという。

IMGP8713.JPG 北アルプス乗鞍岳最高峰の剣ケ峰(3,026m)直下にある乗鞍岳「頂上小屋」の、建替え計画があると信濃毎日新聞が伝えた。

 それによると、老朽化して建物が傾くなどしたため建替える予定であると、小屋主の町野さんが明らかにしたようだ。

 計画では、新しい小屋は登山者の休憩スペースなどを充実させ、新たな山の楽しみ方を提案していく方針だという。


IMGP8750.JPG 小屋は雪の重みで年々傾き、隙間風や雨漏りが深刻になっていて、10年頃から計画を温めてきたとのこと。

 建て替え後も宿泊は受け付けないが、夜景や星空を味わうことができるよう、登山者がしばらく休憩できるスペースを設ける方針という。

 乗鞍岳は常時監視対象の活火山のため、有事の際の避難場所としても想定されるので、建て替えは登山者にとってもありがたいこと。

 ひさしを伸ばして軒下に広いスペースを確保できる構造にすることも検討しているとのこと。是非そのようにしてほしいもの。

 建て替え資金調達のため寄付を募るようです。協力しないといけませんね。


関連記事
信州三連休は雨か (09月14日)
「安全に火山を楽しむために」? (03月15日)
噴火前の御嶽山剣ヶ峰 (10月07日)
谷川岳ロープウエィ点検運休 (11月13日)
火山登山者向け情報提供HPリニューアル (03月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):