本日 2914 人 - 昨日 3196 人 - 累計 2491464 人
  • 記事検索

RSS

検証スノーボードの遭難事故

IMGP1232 スノーボードで新雪のバックカントリー滑走は、常に遭難の危険がつきまとう。

 新年早々、新潟県湯沢町の「かくらスキー場」で、男女三人がバックカントリーを滑っていて遭難する事故が発生した。

 幸い三人は命に別状なく二日後無事救助されて事なきをえた。
 三人が生き延びたことには、いくつか条件があったからだろう。

1 行動面
 ① コースを見失ったと思ってから、行動することを止めたこと。(体力温存、滑落等の危険回避)
 ② 遭難後、雪洞を掘ってビバークしたこと。(防寒対策)
 ③ その後も不用意に移動せず救助を待ったこと。(体力温存)

2 持ち物
 ① スコップを持っていたこと。(雪洞を掘りやすい)
 ② チョコレート、ゼリーなど非常食を持っていたこと。(エネルギーの補給)
 ③ 防寒用マットを持っていたこと。(防寒対策)

3 同行者三人で行動を共にし、ケガなどなくみんな元気であったこと。


 ただ彼らは、万が一に備えある程度の装備はあったことは、結果的に命を救ったのだが、遭難しないことの方がはるかに重要である。


 室町時代の剣豪「塚原卜伝」(つかはら ぼくでん)にまつわるエピソードがある。
 これは危機管理全般に通じることであるので、改めて取り上げたい。

 
 ★塚原卜伝のエピソード★

 塚原卜伝が剣の極意を伝授しようと考えている優秀な弟子がいた。
 
 その弟子がある日、道端につながれた馬の後ろを通ろうとしたところ、ぱっ、と馬が後ろ足を跳ね上げたとき、とっさに弟子は飛びのき、蹴られずに済んだ。

 「ひらり、と身を翻したあの素早さ、さすが卜伝の高弟だけのことはある」と、見ていた人たちは、そういって褒めた。

 ところが、それを聞いた卜伝は機嫌を悪くした。
 「そうか。あの男は極意を授けるような器ではないな」と言った。

 人びとは訝(いぶか)り、では卜伝ならどうするか試してみようと、暴れ馬を通り道につないでおいた。

 馬がいるのに気づいた卜伝は、うんと離れて通ったので、人と見れば蹴る癖のあるその馬も、おとなしくしている。

 拍子抜けした人びとに、卜伝は言った。
 「馬が跳ねた瞬間、素早く身を翻すのは、技が優れているように見える。しかし、馬は蹴るものだということを忘れて近づいたのはうかつだ。本当の名人は、近寄らないものだ」

 技だけ優れていても、せいぜい達人。名人にはなれないということだ。


 今回の遭難は、まったくこのエピソードと同じだ。

 山では、遭難した場合の装備も大事だが、遭難しない対策のことの方がはるかに大事である。

 彼らの犯した過失は、次の点にあるだろう。
1 冬山を甘く見たこと。
  スキー場近くのバックカントリーといっても、湯沢カグラは標高二千メートルを超える列記とした冬山である。

2 天候、地形、積雪条件の十分な確認が欠けていたこと。
  変わりやすい山岳気象、雪山の地形は降雪により常に変化する。過去に滑ったときと同条件とは限らない。

3 登山届を出さなかったこと。
  バックカントリーは、あくまでも登山と同様に登山届の提出が必要にもかかわらず、パトロールに嘘をつきコース外に出たこと。

 そして、スノーボードがスキーより遭難するケースが多いのは、スキーは基本的に上下左右に移動が可能であるが、スノボーは下る以外は困難であることだろう。

 スノボーを外せば、ツボ脚で腰まで雪に埋まり身動きが出来なくなるだろう。斜度が40度を超えた積雪の多い斜面では、蟻地獄のようになり登ることは困難を極める。これは雪温が低い粉雪ほど厄介である。

 何度か、ボーダーの遭難救助活動に関わったことがあるが、彼らは迷ったと思っていても、とにかく斜面を下ってしまうことだ。
 そして、遭難しても後生大事にボードを離さず持っている。救助されるときも、ボードも持っていってほしいと頼む者がいる。

 何が大事かよく考えてほしいもの。捜索をする方も、雪山では本当に大変なんです。命がけの時もあるし、手も足も冷たいんですが、、。
 
 バックカントリーを楽しむ方は、本当に万全の知識と準備をして、常に撤退する勇気を持ってきてください。


 ※上の写真は、YAMABOKUのタコチコース入口


関連記事
高山村でまた遭難発生 (06月20日)
北岳の遭難男性のみ救助 (01月02日)
冷え込んだ北アで2人心肺停止 (09月30日)
奥穂高岳で男性滑落か (08月21日)
ヘリ事故献花絶えることなく (03月07日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):