本日 956 人 - 昨日 3537 人 - 累計 2986111 人
  • 記事検索

RSS

北岳の遭難男性のみ救助

 12月31日、南ア北岳で遭難し救助を求めていた男女のうち、男性のみ救助された。

 読売新聞によると、
 
 南アルプス北岳で12月31日に遭難した男女2人のうち、2日朝から捜索を再開し、午前7時頃、頂上付近の避難小屋にいた男性をヘリで救助された。

 救助された男性は意識はあり軽傷の模様。女性はまだ見つかっていない。

 
 産経新聞によると、
 栃木県日光市の女峰山(2,483m)から男体山(2,486m)に向かい、12月30~31日の予定で登山していたさいたま市の40代の男性会社員が下山しないと通報があった。

 栃木県警は2日、ヘリコプターでの捜索を始めた。雪が降るなど天候が悪化したため中断し、3日朝から再開する予定。

 警察によると、梅津さんは1人で登山すると所属する山岳会に伝えて出発したが、下山予定日になっても連絡がなく、山岳会が1日に署に届け出たとのこと。


関連記事
白馬乗鞍遭難者の骨が川で見つかる (10月27日)
西穂高岳で男性が滑落し亡くなる (08月05日)
木曽川に転落か男性不明 (06月16日)
上高地で韓国人行方不明 (05月10日)
続 大学山岳部遭難事故多発 (12月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):