本日 4108 人 - 昨日 6277 人 - 累計 2600911 人
  • 記事検索

RSS

「小妻屋本店」の蕎麦で年越し

31 - 1.jpg 大晦日と言えば年越し、年越しと言えば蕎麦、蕎麦言えば小妻屋本店。

 蔵の街に須坂に、麺の匠「小妻屋本店」がある。ここは麺作り専門で、手折りそばが売りだ。

 生麺から乾麺まで色とりどり、今回年越しそばにチョイスしたのが、上の写真の「晦日 田舎っぺそば」。
 国産そば粉100%使用の生麺で、やや細めであるがしっかりした麺だ。

 この時期限定で、500グラムで648円。これで3人前ほど。

31 - 54.jpg 蕎麦と言えば「小妻屋本店」ということで、大晦日は朝からそばを買い求めるお客が訪れている。

 遠方の方は、通販でも購入できるので是非ご賞味あれ。【小妻屋本店ホームページ】


関連記事
信州B級グルメ「ローメン」 (09月22日)
石焼らーめん火山 (01月23日)
白えび亭の白えび天丼は旨い (06月11日)
信州伊那のB級グルメ「ローメン」 (11月11日)
中野市つけめん丸長 (04月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):