本日 3933 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2759822 人
  • 記事検索

RSS

八ヶ岳連峰天狗岳で低体温症で死亡

 12月28日、八ヶ岳連峰の天狗岳山頂付近で男性の遺体が見つかった。

 信濃毎日新聞によると、天狗岳山頂付近の「スリバチ池」近くの樹林帯で、午前11時半頃、下山中の登山者が倒れている男性を見つけ通報。

 亡くなった男性は、東京都在住の35歳公務員で、冬用登山服を着てうつぶせに倒れていた。死因は低体温症だった。

 故人のご冥福を心よりお祈りします。

 天狗岳は、冬山入門的な山として紹介されていることが多い。冬の八ヶ岳は、雪が少なくても東西からの風が強い場所、絶対侮っていはいけない。

 諏訪地域は、29日は朝から大雪警報が出ている。入山にはそれなりの覚悟が必要である。

 同日、八ヶ岳連峰の横岳でも男性が滑落し大けがをしている。天狗岳を目指して、道を間違え山頂近くの急斜面で足を滑らせ滑落した模様。

 八ヶ岳では、22日にも赤岳で男性が亡くなったばかり。


関連記事
奥穂高岳で男性滑落か (08月21日)
徳島で遭難の夫婦は無事 (06月12日)
天は味方した乗鞍遭難者生還 (01月25日)
信州の山岳遭難前年を下回る (02月19日)
八ヶ岳赤岳で男性が心肺停止 (12月22日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2014/12/29 18:02
 警察の話しとして、
 男性は1週間ほど前に死亡したようだ。「八ケ岳に登る」と同僚に話しており、1人で登山していたとみられる。
 職業は国家公務員とわかった。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):