本日 1258 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2049347 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

赤岳 心肺停止の男性の死亡を確認

IMGP9039.JPG 昨日(12/22)、八ヶ岳連峰の赤岳頂上付近で、心肺停止の状態で救助され、救助を待っていた男性は死亡が確認された。

 既報のとおり、
 二人パーティーで赤岳に登り、下山途中に身動きが取れなくなり、心肺停止となっていた男性は、本日(12/23)正午過ぎ、長野県警のヘリで救出されたが死亡が確認された。死因は低体温症の模様。
 今冬山の最初の犠牲者となってしまった。

 
 亡くなった男性は、東京都杉並区在住の吉村知一さん72歳。吉村さんは「内閣府認定の生活の達人」で、「よろず技術相談所」の所長と思われる。

 
 信濃毎日新聞や信越放送によると、
 吉村さんは、20日、同行の69歳男性と二人で、美濃戸口から入山し赤岳鉱泉で1泊し、赤岳を経て東側の県界尾根を下山中、雪が強くなり赤岳頂上山荘に戻り風をしのいでいたようだ。

 県警や遭対協により、赤岳天望荘まで運ばれたが吉村さんは心肺停止状態だった。

 天候の回復を待ってヘリコプターで救助されたが死亡が確認された。
 心よりご冥福をお祈りします。(N)
 
※写真は、晩秋の赤岳。頂上付近に頂上山荘、鞍部に天望荘が見える。


関連記事
長野県民の男性が岐阜県で遭難か (04月11日)
北ア北穂高岳で女性死亡 (10月08日)
御嶽山不明者29日に捜索再開 (07月25日)
ヘリによる山岳救助 (02月26日)
飯綱山で高齢男性病死か (06月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):