本日 356 人 - 昨日 3120 人 - 累計 1981825 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

長野県警H26冬山情報を発表

画像 12月11日、長野県警が「平成26年冬山情報」を発表した。是非参考にして、遭難事故の防止に役立てよう!

 昨年、信州の山岳で冬期間(H25.12.1-26.3.31)に発生した遭難事故は、28件で7名が亡くなっている。
 亡くなった7名には、山スキーで雪崩に巻き込まれ亡くなった者も含まれている。

 今年は、平地でも既に例年の4倍の積雪が記録されている。当然、山岳の積雪も多くなっているだろうから、綿密な計画と対策、強靭な体力と技術を兼ね備え、天候を十分読み入山してほしい。

 長野県警が発表した「平成26年冬山情報」は次のとおりです、是非参考にして、無事帰宅してください。長野県警冬山情報.pdf
(N)


関連記事
長野県警ザイテン遭難多発で注意喚起 (09月17日)
明日「信州山の日」 (07月22日)
登山は45歳から割合が高くなる (08月12日)
雨飾山西側の尾根に亀裂多数 (05月27日)
「雪山登山はじめの一歩in八方尾根」 (04月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):