本日 36 人 - 昨日 2537 人 - 累計 3087294 人
  • 記事検索

RSS

続 大学山岳部遭難事故多発

大出五竜4.JPG 今年の大学山岳部パーティーの遭難事故には、一つ共通点も見えてくる。

 死亡事故となった4件の遭難(12/15ブログ参照)のうち、大学山岳部OBが引率又は同行していたものが3件で、そのうち2件ではOBが無くなっている。

 3月の立教大学山岳部の五竜岳での遭難事故は、引率していたOBの男性が滑落し亡くなっている。

 5月の防衛大学山岳部の涸沢岳での事故は、滑落した学生を救助しようとしてOBで教官の男性が滑落し亡くなった。

 9月の京都大学山岳部の薬師岳での事故は、OBの男性に続いて沢を渡ろうとして増水した沢に、学生二人が流され亡くなった。発見された時、二人はザイルで結ばれたままだったという。

 このように、今年はOBが絡んだ大学山岳部パーティーの事故が特徴といえるだろう。

 この事故の教訓は今後の大学山岳部の活動に是非生かしてほしい。彼らの死を無駄にしないでほしいと思います。(N)

 ※写真は五竜岳


関連記事
〔教訓〕富士山大規模落石事故 (08月14日)
またまた御嶽山で遭難? (04月13日)
妙高ではボーダー5人が遭難騒ぎ (02月25日)
瑞牆山で転落重体 (05月31日)
信州のGWは5件の遭難事故 (05月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):