本日 35 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1824120 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

いよいよ冬型 冬支度は

画像 本日から冬型の気圧配置となり、降雪の予報がでています。冬の準備は大丈夫ですか。

 予報によると、今晩から明日(2日)までの24時間に予想される降雪量は、長野県北部で10cmとなっています。

 西日本では、まだ紅葉狩りと浮かれていますが、信州の冬は早いです。
 地震のあった白馬や小谷の状況が大変心配です。避難所などで寒さに震えていないことを願います。

 さて、我が家でも本格的な冬を前に、冬支度は始まっています。
 自動車タイヤは、既に冬用タイヤに交換済みで、安心して今晩は眠れます。

 野沢菜も漬けましたので、あとは雪囲いです。
 週末、つつじとさつきの冬囲いをしました。

画像 この辺り(信州高山)でも、冬の間、多い年は50㎝以上の積雪となります。
 つつじやさつきは雪の下になると、雪が締まる時に枝折れしてしまいます。

 山茶花などは、凍土や幹回りが冷やされると枝の先端部が枯れてしまいます。
 そんなわけで、雪囲いは不可欠で、我が家の年中行事となっています。

 つつじには、割竹を平行に並べて屋根を作ります。(写真左上)
 
 さつきには、よしずを半分に切断したものを使用し屋根にします。雪が滑るように傾斜をつけています。(写真右下)
 いずれも自分で考案したものです。耐用年数は7年を経過していますので、元は取ったでしょうか。

 我が家に冬支度はまだまだ続きます。(N)


関連記事
松川渓谷「高井橋」紅葉見頃 (10月25日)
「権現さんの桜」が見頃に 須坂 (04月12日)
恒例の野沢菜の漬け込み (11月25日)
ふきのとうは採るものにあらず (03月27日)
信州の渓流釣り解禁 (02月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):