本日 770 人 - 昨日 2329 人 - 累計 1973890 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

今回は「山の景観を読む」 連続市民講座

 信州大学と読売新聞長野支局が共催する連続市民講座「岳問のすすめ~信州の山に学ぶ~」も、今週が第7回目となる。
 今回は、長野県環境保全研究所主任研究員 富樫 均 氏による講演で、「山の景観を読む」となっている。

 第7回講座は、11月22日(土)午後1時半から3時まで、JA長野県ビル大会議室(長野市)で行われる。聴講は無料。


 長野県環境保全研究所主任研究員 富樫 均 氏の講演内容は、次のとおり。

 山の景観が意味することを読み解くための様々なヒントを伝える。どの山にも長い時間をかけた生い立ちがある。その歴史が、現在の姿形や、山を構成する石や植生などの特徴に表れている。信州には標高3000メートル級の険しい山岳から里山まで、実に多種多様の山がある。地域ごとに山の表情や性格も大きく異なる。山々の景観を読むにはコツがいるが、身につければ、きっと山の新たな魅力発見につながるだろう。
 以上。

【富樫氏のプロフィール】
 山梨県で生まれ、信州大理学部、同大学院を経て現職。専門は地形地質、環境地質学。55歳。

 興味がある方は是非聴講してください。新しい発見があるかもしれません。


関連記事
訃報槍ヶ岳山荘G会長逝く (12月14日)
消防防災ヘリ有料化議論 (04月18日)
ツアー登山などへの参加は×× (04月08日)
28年度上高地マイカー規制 (04月02日)
セルフチェックin美ヶ原開催 (05月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):