本日 90 人 - 昨日 2458 人 - 累計 3079360 人
  • 記事検索

RSS

渋柿を甘くする方法

IMGP0828.JPG 渋柿の渋を抜いて甘くするには、いくつか方法がありますが、今回はバーボンを飲ませてみました。

 渋柿の渋を抜くために良く使われる方法に、アルコールを使うものがあります。

 一般的には、焼酎やウィスキーを使いますが、私は自分が愛飲するバーボン「Four Roses(フォアローゼス)」を使います。

IMGP0826.JPG 小皿にバーボンをあけ、渋柿のヘタをバーボンに浸けます(ヘタが濡れれば十分です)。バーボンを浸けた柿は、ビニール袋に入れ1週間ほど待ちます。
 そうしますと不思議なことに、渋柿の渋が抜け、ほのかにバーボンの香りがする甘柿に変身します。

 アルコール脱渋方法では、アルコール分の多いウィスキーの方がよく渋が抜けます。また、自分の好みのお酒を使うことで、その香りも楽しめます。
 是非、試してみてください。(N)


関連記事
山菜「こごみ」のお浸し (05月05日)
信州高山紅葉見頃に (10月19日)
久しぶりのお湿り (06月10日)
上信国境も秋が深まってきた (10月03日)
長野県北部 未明から大雪 (02月06日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):