本日 355 人 - 昨日 3120 人 - 累計 1981824 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

ノースフェース、モンベル次々オープン

画像 長野県も山用具店の激戦区になりそうだ。今月、ノースフェースとモンベルの直営店がオープンする。

 信濃毎日新聞が「登山用品店が長野に相次いで出店」と記事で取り上げていますが、確かにそのとおりです。

 長野市内は、11月21日、長野駅ビルのMIDORI内に「ノースフェース」がオープンする。ブランド専門店としては、スノボーの「バートン」に続いて二つ目。
 
 映画「岳」で長澤まさみが着用していたことで人気上昇のノースフェース。ファッションのビルとしても知られるMIDORIに入ったことで、さらに若者をつかまえるのではないか。

 バートンは既に9月にオープンしている。長野須坂インター線の長野市屋島の酒屋を改装しオープンした長野店は、国内二店舗目ということ。力のいれようがわかる。

 白馬村はこれまたすごいことになっている。8月26日付けブログで、「山用具は白馬村で」と掲載したが、今度は「モンベル」が直営店(写真は安曇野店)を出店する。これにより、「パタゴニア」、「好日山荘」、「モンベル」と大激戦区となった。
 「楽P(ラッピー)」や「白馬ブルークリフ」の既存店も頑張って欲しい。

 安曇野や松本の「好日山荘パルコ店」、「A&F]、「モンベル安曇野店」、「かもしかスポーツ」にも、長野や白馬での出店の影響は少なからずあるでしょう。また、ICI石井、ゼビオやデポといった大型スポーツ店はどう戦略を立てるのでしょうか。
 いずれにしても、我々にとっては、良いものが少しでも安く手に入ればいいことです。(N)


関連記事
「モンベル白馬八方店」情報 (05月29日)
奥志賀の石井スポーツに立ち寄る (02月26日)
山岳通信エリアマップ (07月01日)
ジェームスボンドが愛したスキー (01月16日)
スノーシューのレンタル (01月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):