本日 237 人 - 昨日 2329 人 - 累計 1973357 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

ここは東京「銀座NAGANO」

画像 東京銀座にオープンした「銀座NAGANO」に立ち寄ってきました。外観は、高級ブティックのようだが、、、。

画像 「銀座NAGANO」は、長野県が信州の魅力を大いに発信、共有(シェア)する場として、東京銀座のビル一角を借りきって、シュアスペースをオープンさせたもの。

 この場所から、信州のコト、ヒト、モノをトータルに発信し、長野県とのつながりの強化を目論んでいるようだ。

「銀座NAGANO」は、東京メトロ「銀座駅」A1出口から徒歩1分の銀座5丁目すずらん通りにあるNOCOビルにある。

 ビルの1・2・4階を借り上げて、1階は信州の食材や伝統食、ワイン、日本酒、ジビエ、果物、野菜などの信州ブランド品の販売。

画像  信州産の「新米ごはん または おやき」、「信州サーモン」、「しょうゆ豆」、「小布施丸なすの粕漬」などのプレートは500円から。

 おつまみは「チーズ3点盛り」、「信州ジビエ鹿肉のロースト」、「りんごスライスチーズのせ」が1000円からと。

 これらの信州フーズは、信州産のワイン、日本酒とともに味わう設定だ。洒落たワインバーのイメージでしょうか。

画像 2階は各種イベントが出来るスペース(写真右下)で、4階は打合せスペースとなっている。

 外観は、看板やのぼり旗などが掲出されておらず、至ってシンプルで一見ブティックのようでもある。外国人旅行者には食料品販売店にしか映らないかもしれない。
 
 この日は、来場者が途切れることなく、フロア内は人で溢れ、2階では「信州の絵手紙講習会」の予定とのこと。イベントブースも当面予定が詰まっているようだ。

 東京近郊にお住まい皆さんや、東京へ行かれる皆さんは、お立ち寄りください。新しい信州を発見できるのでは。(N)


関連記事
森高千里の渡良瀬橋を訪ねて (10月29日)
「遭難」とかけて・・・ (01月08日)
「ジャンプ団体」銅メダル (02月19日)
菅平高原の食中毒は弁当が原因 (07月25日)
猿でも母の日 (05月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):