本日 114 人 - 昨日 2378 人 - 累計 1886558 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

晩秋の黒姫と池巡り

画像 信州信濃町の黒姫山山行と周辺の池めぐりで、晩秋の北信濃を満喫しました。

 黒姫山は、信州信濃町の名峰で、北信五岳の一つです。その山容から「信濃富士」とも呼ばれています。

画像 標高は2,053mですが、雪は早く山麓は豪雪で有名です。東山麓はスキー場になっています。
 右の写真は山頂直下から撮影しましたが、山頂まで笹が生い茂っていますが、山頂付近の笹は低く、今日は快晴で眺望は抜群でした。

画像 火打山、焼山もきれいに見えました。高妻山方向は、北アルプスまで遠望できました。

 やはり山登りは、天気の良い日に限りますね。登山口の7時の気温は2℃でしたが、気温はぐんぐん上がり汗ばむ陽気となりました。そのため、昼過ぎにはちょっと霞んできました。


画像 黒姫山の火口平原に「七ツ池」があり、さらに西側に進むと「峰ノ大池」がある。下界から隔離された静寂の中にある池です。ここまで足を運ぶ人は少ないようで、登山道はちょっと荒れています。


 左下の写真の池は「古池」といいます。これはため池です。撮り方によっては、逆さ黒姫山となります。近くに「種池」というため池もあります。
画像 この付近の紅葉は終わりに近づき、秋山も終盤ですね。
 

 今日は、新しい発見がいっぱいありました。黒姫山の火口原と池塘の数々。約15kmを6時間半程の山歩きとなりましたが、しっかり晩秋の里山を堪能しました。


 今日の山行で、今年は北信五岳のうち4座に登りました。後は、最大の難関、「蟻の塔渡」と「剣の刃渡」のある戸隠山です。これは、来年の課題としましょう。(N)

 


関連記事
苗場山 大湿原の草紅葉 (10月13日)
美ヶ原は「電波塔」銀座 (08月03日)
篭ノ登山の下見 (08月25日)
南八ヶ岳はグッドです (09月21日)
残雪期の黒湯山に登頂 (05月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):