本日 2771 人 - 昨日 3250 人 - 累計 2497684 人
  • 記事検索

RSS

南アルプス シンボルマーク決定

20141006141532-resize-532.jpg 10月4日、環境省関東地方環境事務所は、南アルプス国立公園指定50周年記念事業として、同国立公園のシンボルマークを決定したと発表。

 南アルプス国立公園指定50周年記念事業実行委員会は、国立公園指定50周年を迎えることを記念して、より多くの人々に親しみをもっていただくため、シンボルマーク制定を決め、今年6月から公募を行っていた。

 その結果、333作品の応募があり、その中から、群馬県高崎市の中島さんの作品を最優秀賞とし、南アルプス国立公園のシンボルマークと決定した。

 シンボルマーク製作者の中島さんによると、
 力強い南アルプスの山々を、清流と「頭文字」南の「M」とアルプスの「A 」を組み合わせ、美しい自然に恵まれた南アルプス国立公園を象徴した。
 三つの三角形は三県「山梨、長野、静岡」を表し、楕円は県民の交流と融和を意味しているとのこと。


 同事務所では、今後作成するパンフレットや地図、標識などに、このシンボルマークを活用していくようである。(N)


関連記事
今朝の信州冷え込む (09月29日)
万座温泉で硫化水素中毒事故 (12月16日)
今週は「乗鞍天空マラソン」 (06月16日)
涸沢に向かう登山道上部で崩落 (06月19日)
夫婦遭難の英彦山が国史跡に (11月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):