本日 154 人 - 昨日 2329 人 - 累計 1973274 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

5000年尖石縄文まつり開催

画像 10月12日(日)、恒例の「5000年尖石縄文まつり」が茅野市で開催される。今年は、新たに「仮面の女神」が国宝に指定され、お祭ムードが盛り上がっていることだろう。

 『尖石縄文まつり』は、「尖石遺跡史跡公園」周辺で、12日(日)午前9時から午後3時まで行われる。

 尖石遺跡は、今から約4000年前の縄文時代後期前半に作らた言われる国宝の『土偶』で、愛称が「縄文のビーナス」と「仮面の女神」の二つの国宝が出土した貴重な遺跡だ。これらの国宝は、「尖石縄文考古館」で見ることができるので、この機会に対面してください。★★国宝「土偶」の紹介★★

 さて、縄文まつりでは、この尖石縄文考古館周辺の公園内で行われ、様々なイベントが用意されている。
 
◇「尖石太鼓コンサート」 午前9時30分~午前11時30分、

◇「とがりっち工房」 午前10時~午後2時
・勾玉づくり、縄文土器での野菜の煮炊き、スモーク体験など。

◇「大声選手権」午前11時30分~12時
 ・「縄文の中心で感謝を叫ぶ」大声選手権で、「コミュニケーションの原点は言葉で伝えること・・・そして家族」、親子・夫婦で一組となり、大声でお互いに感謝の気持ちを叫び合うもの

◇熱気球 午前8時~(ガス終了まで)、大人1,000円、子ども500円
 ※気象条件により中止になることがある。
 
◇縄文食 午前11時30分~午後1時30分(品切れしだい終了)
 ・ブタの丸焼、縄文式イノシシ汁、縄文アイス、古代米試食

◇ 縄文凧 正午~
 ・創作凧の凧揚げ体験

◇縄文の里コンサート 午後1時~午後2時
 ・「汐入規予のさわやかジャズ・シャンソンコンサート」

◇縄文火祭り 午前9時~午後2時
 ・縄文教室や土器サークルで製作した土器、土偶を焼く
  ※一般のかたの作品持ち込み参加はできない。

・縄文メダルを作ろう! 当日は、粘土でメダルを作ってその場で焼くイベントもある。
 参加費は100円、先着30名、午前・午後各1回の開催。

◇縄文市場 午前10時~午後2時(売り切れしだい終了)
 ・飲み物やおにぎり、果実

◇Chino縄文遺跡コンサート&トーク 午前11時~
 ・茅野市縄文ふるさと大使の葦木美咲さんによるコンサート&トーク

 以上盛りだくさんの内容で、子供連れも大いに楽しめそうだ。


関連記事
信州松本でスカイフェスティバル (09月20日)
「信州の地酒普及促進・乾杯条例」が成立 (12月10日)
豆アジの下処理の方法 (10月22日)
上越でイルカウォッチング (01月25日)
祝!30000アクセス (07月06日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):