本日 1331 人 - 昨日 2019 人 - 累計 1819381 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

秋場所「伊那富士」が勝ち越し

 飯田市出身で、錦戸部屋の「伊那富士」(いなのふじ)が秋場所で勝ち越した。

 御嶽噴火災害で悲しみにくれる信州で、郷土力士の伊那富士(2/7ブログ参照)が明るい話題をくれた。

 伊那富士といえば、伊那山脈にある信州百名山の「戸倉山」(とくらやま)1,681mを思い出すかもしれないが、今日の話題は郷土力士のこと。

 伊那富士は、今年二年目の19歳の力士。元水戸泉の錦戸親方にお世話になっている。4場所連続で負け越して東序二段に甘んじている。
 秋場所は5勝2敗で勝ち越した。どんどん勝って信州に明るい話題を提供してほしいところ。頑張れ「伊那富士」!(N)


関連記事
男子駅伝 長野県チームが優勝 (01月19日)
長野パルセイロJ2昇格ならず (12月07日)
菅平高原の食中毒は弁当が原因 (07月25日)
アクセス3000回達成 (02月03日)
50万アクセス到達 (05月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):