本日 146 人 - 昨日 2559 人 - 累計 1975825 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

御嶽山が噴火 8人重軽傷250人孤立

画像 木曽御嶽山が正午前に噴火した模様。報道などによると、1人が重傷、7人が軽傷とのこと。

画像 また、未確認情報であるが、山頂に約150人、剣ヶ峰に約100人が取り残されているようで、最寄りの山小屋などに避難しているとのこと。
 さらに、4人が火山灰に埋まっているとの情報もある。

画像  気象庁の発表によると、
 本日(27日)11時53分頃、噴火が発生した。
 山頂火口の状況は視界不良のため不明だが、中部地方整備局が設置して
いる滝越カメラにより南側斜面を噴煙が流れ下り、3kmを超えているのを観測できた。

画像 今後も居住地域の近くまで影響を及ぼす噴火が発生すると予想されますの
で、山頂火口から4キロメートル程度の範囲では、噴火に伴う大きな噴石の
飛散等に警戒する必要があるとのこと。

 そして、噴火警戒レベルを3の「入山規制」に引き上げた。
 レベル3とは、登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等となる。

 気象庁は、9月12日に御嶽山に関する「火山の状況に関する解説情報 第2号」を発表し警戒していた。(9/13ブログ参照)

 写真は、昨年9月22日に撮影したもの。写真右側が南。
 左上:王滝頂上と剣ヶ峰の間にある火山ガス噴火口。
 右上:剣ヶ峰にある山小屋。剣ヶ峰には山小屋は2軒、王滝頂上には1軒ある。
 左下:火山ガス噴火口のアップ。
 右下:剣ヶ峰になる御嶽神社と社務所(社務所は9月上旬までで、今は閉まっていると思われる)。


関連記事
行方不明者情報求む (08月28日)
奥穂ジャンダルムで男性滑落 (09月15日)
立山救助を待つ二人は死亡 (05月03日)
松本できのこ採りの高齢女性不明 (10月12日)
北穂高岳で男性滑落 (07月21日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):