本日 1255 人 - 昨日 1892 人 - 累計 1823069 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北部登山口の新名称は「南アルプス戸台口」

画像 長野県伊那市は、南アルプス国立公園指定50周年を機に、仙丈ヶ岳や甲斐駒ケ岳の長野県側の玄関口にあたる南アルプス林道バス営業所や仙流荘一帯の登山口の呼称を、「南アルプス戸台口」とすると発表した。

 伊那市は、新名称の「南アルプス戸台口(とだいぐち)」として、「南アの玄関口」のイメージを強め、山岳観光の拠点として地域振興につなげることを狙っているようだ。
 既に、立て看板も設置したとのこと。

 「南アルプス戸台口」の範囲は、国道152号三峰川橋付近の南ア林道バスと長谷循環バスの「戸台口」バス停から、宿泊施設「仙流荘」や林道バス営業所辺りまで、黒川沿いの市道黒河内線約2キロとその付近。
 
 この一帯の総称は無かったが、より山側にあり、古くから登山者らに登山口として知られた「戸台」の地籍名を生かしたとのことです。(N)


関連記事
紅葉千畳敷見頃 涸沢6割 (09月23日)
長野県警山岳遭難救助隊にきく (05月12日)
「聖職の碑」を辿る (01月16日)
火山噴火対策5億5300万円 (09月07日)
白山登山届を義務化へ (06月07日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):