本日 1074 人 - 昨日 2091 人 - 累計 2206545 人
  • 記事検索

RSS

キノコ採り遭難続発

IMGP8552.JPG 長野県内でキノコ採りでの遭難が多発し、今月に入り4名が亡くなり1名が不明となっている。

 信州の秋の味覚の一つキノコが旬をむかえ、キノコを求め入山する人も増えている。特に、今年は松茸が早くから採れはじめ、一層にキノコ採りに拍車をかけている。

 長野県内では、10日は木曽郡木曽町で男性が、14日は下伊那郡松川町の76歳の女性が亡くなり,駒ヶ根市の79歳男性は下伊那郡大鹿村で行方不明となっている。

 20日は飯田市で64歳の男性、今日(21日)は松本市で67歳男性が滑落し亡くなっている。

IMGP2327.JPG 松茸は赤松の斜面に出るため、かなり危険な場所もあります。セルフビレーをとってまでキノコ採りをする人はいないと思いますが、くれぐれも慎重に行動しましょう。

 キノコを採っても命を落としてはどうもこうもありません。万全の体調と慎重な行動、そして熊対策をしっかりして、キノコ採りを楽しんでください。(N)


関連記事
高校生が巻き込まれた雪崩遭難の歴史 (12月19日)
北ア1人不明1人死亡か (09月08日)
甲斐駒ヶ岳で寝袋に遺体 (05月19日)
北アでイスラエル人夫婦遭難騒ぎ (05月29日)
涸沢岳で50代男性凍死 (10月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):