本日 893 人 - 昨日 2772 人 - 累計 1654275 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北ア鹿島槍などで滑落相次ぎ4名死亡

画像 この三連休、信州の山岳で遭難事故が多発し、5名が亡くなった。

 信越放送などによると、

 三連休の信州の山岳遭難は計17件発生し、死者は5人(1人はキノコ採り)、行方不明者は1人となっている。

①本日(9/15)、北アルプスの南岳では奈良県の男性が滑落して死亡した。
 亡くなったのは、奈良県生駒市の67歳の会社員の男性で、槍ヶ岳から天狗原に向かう登山道からおよそ100m下の岩場に滑落したとのこと。

②鹿島槍ヶ岳では14日午前11時半頃、八峰キレットの付近で、東京都江東区の49歳の会社員の男性が滑落し、今朝八峰キレットした150m下で遺体で発見された模様。
 八峰キレットでは、一月前にも滑落事故が起きている。(8/14ブログ参照)
 
 男性は、仲間2人とおとといから3日間の日程で白馬五竜岳や鹿島槍ヶ岳を縦走していたということで、リュックに括り付けていた服が岩場に引っ掛かりバランスを崩して転落したとみられている。

 この事故は、目撃者がいたため滑落の原因が分かりましたが、ザックには物を括り付けたりせず、出来るだけザック内に納めることが大事ですね。中には、マグカップをぶらせ下ている昔懐かしい登山者もいますが、気を付けたいものです。

③本日午後1時頃、、西穂高岳の独標(2,701m)付近で、男性登山者が長野県側に約300m滑落した。
 長野県警ヘリが男性を救助したが、全身を強くうっていて死亡が確認された。男性の身元は不明で、30~50代の単独登山者と見られている。

④本日午後4時半頃、前穂高岳の吊尾根の標高約2,800m付近で、60~70代と見られる男性の遺体を県警ヘリが収容した。長野県警によると、早朝に「家族が奥穂高岳に登山したが、連絡がとれない」と相談があったため、周辺を捜索していた。

 この三連休、天候に恵まれ行楽日和、登山日和となったことから、待ちに待って登山に繰り出したことと思われますが、今年も残念な結果となってしまいました。連休中に二度山歩きをしましたが、くれぐれも気を付けないといけませんね。

 亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。(N)


関連記事
涸沢登山道で横浜の男性滑落 (07月18日)
信州のアルプスで遭難4件 (08月15日)
北ア湯俣川で男性流される (09月20日)
小学生スキー教室で死亡 (02月02日)
剱岳で8月不明の女性見つかる (10月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):