本日 164 人 - 昨日 3202 人 - 累計 1665653 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

四阿山・根子岳縦走

画像 同窓会記念登山の下見を兼ねて、四阿山から根子岳を縦走して来ました。

画像 四阿山(2,354m)は日本百名山です。我が家から車で登山口まで約40分で行けますので、最寄りの百名山と言うことになります。根子岳(2,207m)は、花の百名山ということらしい。
 私にとっては、スキーとゴルフの山のイメージですが。

 今日の天気予報は、曇りで午後は一時雨という予報で、数日前からコロコロ変わっている。裏山の天気は観天望気で分かるもの。眺望は開けなくても雨は降らないと予想し、午前6時35分、朝霧の菅平牧場から中尾根ルートで入山。

画像 登山道の前半は、霧が立ち込めていたが、菅平の霧は名物。菅平のゴルフコースは、早朝スタートだと出だしのホールは、霧に向かってティーショットなんてよくあること。霧なくして菅平ではない。

 小四阿(写真左下の右のとんがり)までは、視界も良かったのだが、頂上に近づくにつれ、嬬恋村方面(西)から風にのりガスってきた(霧が立ち込めること。)。
 四阿山山頂では、周囲の視界は効かなくなってしまった。この山がガスを止めてくれるので、根子岳はきっと晴れているはず。太平洋側の影響は、浅間連峰など上信越国立公園の山々で受け止めていることが多いもの。

画像 四阿山から根子岳(写真右下)へは一旦鞍部まで下り、登り返さないといけない。この縦走の下りは、むき出しになった木の根と岩ゴロで結構歩きにくい。登り返しは、気持ちよく歩けるから、それほど疲れは感じない。だから、逆走はあまりお薦めできない。四阿山への登り返しはきついはず。

 根子岳は、思ったより登山者が多い。なんとなくペアが多い。根子岳からの眺望はまずまず。菅平高原はもちろん、須坂の街も見えている。
 根子岳への登山道は、木段が整備され歩きやすい。樹林帯もそれほど気にならないので、ビギナーには根子岳ピストンがおすすめだ。

画像 今日の山行は、登山口(菅平牧場)⇒145分(標準230分)⇒四阿山山頂⇒70分(110分)⇒根子岳⇒50分(90分)⇒登山口
 計265分(標準430分)

 今日は気持ちよく足慣らしができました。次は、鳥居峠ルートを歩いてみよう。
 自宅には正午過ぎに戻り、大根の種まきなど畑仕事が出来るのは、裏山歩きのいいところだ。(N)
画像
 追伸:竜胆はあと10日程度で見頃となるでしょう。


 


 
 


関連記事
2014ベスト山行は「唐松岳」 (12月30日)
蓼科山 山行の記録 (06月15日)
冠着山をご存知ですか? (11月23日)
大パノラマの蓼科山山行 (05月24日)
四阿山・根子岳縦走 (08月31日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
 詳細な山行記録は、後日アップしますが、帰宅時間はブログ本文に記載しました。正午過ぎです。
| N | 2014/09/03 08:02 |
りんどういいですね。ところでこの2峰登って何時に家に戻ったの?
| ひ | 2014/09/02 23:25 |
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):