本日 1583 人 - 昨日 2383 人 - 累計 2219892 人
  • 記事検索

RSS

北ア夏山常駐パトロール隊任務完了

 夏山シーズンに北アルプスでの山岳遭難事故防止を図るために設置された「夏山常駐パトロール隊」が9月1日で任期満了となる。

 「夏山常駐パトロール隊」は、長野県山岳遭難防止対策協会が夏山シーズンにおける北アルプス一帯の山岳遭難事故防止のため、毎年「夏山常駐パトロール隊」を設置し、登山者指導、山岳パトロールや遭難事故発生時の救助活動等を行っているもの。

 今年は、昨年より10日間長い7月14日(月)から9月1日(月)までの50日間、常駐隊が設置された。
 隊員数は32名で、
 ▲北アルプス北部(後立山連峰)が16名
 ▲北アルプス南部(槍・穂高連峰)が16名 

 今年の夏も北アルプスでは山岳遭難が多発し、滑落現場での救助や収容活動、あるいはヘリが飛べない時の背負い搬送など、昼夜を分かたず、危険の多い現場での活動には頭が下がります。
 本当にお疲れさんでした。ありがとうございます。(N)


関連記事
白山登山届を義務化へ (06月07日)
長野県警ザイテン遭難多発で注意喚起 (09月17日)
山センの人工岩場リニューアル (12月14日)
信州へのスキー客は微増 (07月10日)
10周年記念権兵衛峠ウォーキング (11月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):