本日 641 人 - 昨日 5172 人 - 累計 2783598 人
  • 記事検索

RSS

パワースポット「分杭峠」

IMGP7223.JPG 信州伊那市長谷の分杭峠は、パワースポットとして有名です。

 「分杭峠」は、癒しのパワースポットとしてテレビや雑誌などで注目を浴びた「ゼロ磁場」。

 ガン、腰痛、膝痛、肩こり、頭痛や生活習慣病などの治癒効果(個人の意見として)が評判となり、徐々に来訪者が増えているとのこと。

 最近は、テレビ、雑誌などの影響により、幸運、開運を求めて来訪される若者、特に女性が急増しているようだ。

 「分杭峠」の解説では、
 宗教色がなく、巨木、巨岩などの目印となるものもないようで、自然の中でゆったりと過ごすことが、癒しに繋がるのだとか。

 峠周辺で、歩きながら、静かに佇みながら、意識を手の平に集中すると、手の平が温かく、ピリッと或いは指先が感じてくるかもと。

 それから、「ゼロ磁場」(相殺零場=ゼロ場)とは、「ゼロ磁場」及び「気場」と呼ばれているが、地球表面の断層部の局所には「ゼロ場(相殺零場)」があるようだ。
 ゼロ磁場には、未知のエネルギーが集積するようだ。

 東洋医学によると、皮膚にある「ツボ(経穴)」は、生命エネルギー(気)の出入り口であると言われていると。

 「分杭峠」の位置は、日本最大の断層・中央構造線の真上に位置し、「氣」を発生する「氣場」が出来ているとのこと。

 伊那市長谷と下伊那郡大鹿村の境に位置し、海抜は1424m。「従是北高遠領」と刻まれた石柱が建てられ、昔は高遠藩に属し、現在は郡境になっているようだ。

 「分杭峠」に行くには、中央自動車道の伊那インターから、高遠方面に進み、国道152号線(秋葉街道)で南進し栗沢駐車場へ。ここでシャトルバス(往復650円)で分杭峠まで。

 なお、冒頭の写真は、「南アルプス長谷ビジターセンター」に展示されていた「分杭峠の石」で、地主の許可を得て運んできたものだと。

 悲しい災害が発生しました。気持ちの整理をするため、パワースポットに行って癒され、エネルギーをもらうのもいいかな。

 分杭峠のパワースポット巡りは、こちらをどうぞ。(N)【分杭峠パワースポット巡り】



関連記事
山に魅せられた 山岳写真展 (02月05日)
11月登山届提出者11,417人 (02月19日)
新穂高ロープウェイ運休のお知らせ (11月08日)
高妻山残雪は6月下旬まで (06月14日)
藤井フミヤが蝶ヶ岳ヒュッテに (05月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):