本日 199 人 - 昨日 3335 人 - 累計 2474636 人
  • 記事検索

RSS

イチゴの株分け

IMGP6891.JPG この時期恒例のイチゴの株分けを行いました。

 山ばかり行ってるわけではありません。畑仕事も適時適切に行います。

 イチゴはこの時期にポットに株分けをします。収穫の終えた元の株から二つ目の株(又は三つ目まで)を、土を入れたポット上に置き、親株側のランナーに小石を載せ固定します。

 なぜ、二つ目の株とするかは、一つ目ではまだランナーが伸びて、次郎三郎株ができる上、次郎ほどいい実がならず、三つ目では、株分けまでちょっと時間がかかり、弱弱しい株となる場合もありますので次郎株が適当でしょう。

IMGP6892.JPG ポットに石で固定し約2週間経過しますと、根が伸びて自立しますので、ランナーを切って株分けします。

 今年は、例年の半分の26株としました。そろそろ株を更新しないと実が小さくなってきたためです。

 株分けした子株は、10月までにはマルチをした畝に植え付け冬を越します。
 そして、来年5月の収穫となります。イチゴの栽培期間はほぼ1年ですので、案外手間のかかる作物です。来年は、どんなイチゴが出来るか乞うご期待を。(N)

 


関連記事
信州高山の夜桜見頃 (04月10日)
菅平高原は降雪機フル稼働 (12月20日)
長野県インフルエンザ注意報発令中 (01月04日)
北信濃の空が赤く染まった翌日は (10月10日)
2015高山村タケノコ情報 2報 (06月06日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):