本日 1461 人 - 昨日 2475 人 - 累計 2217387 人
  • 記事検索

RSS

インターハイ登山競技 屋代高は16位

indexImg01.jpg 2014インターハイの登山競技で、長野県代表の屋代高校は男子が16位、女子が31位と振るわなかった。

 2014全国高等学校総合体育大会の登山競技は、8月8日から11日まで神奈川県箱根で行われた。
 男子は、長崎北陽台高校で4年ぶり3度目の優勝、女子は富士宮西高校が4年ぶり4度目の優勝となった。

 男女とも上位入賞校は、山岳のイメージのない県が入っている。

 長野県代表は男女とも屋代高校であったが、健闘及ばず成績は前述のとおり。来年は、是非、山岳県長野の意地を見せてほしいところ。

 大会は、あいにくの台風11号の影響で、10日に行われる予定の登山行動が中止となり、宿泊も体育館となってしまったようで、大自然で思う存分競技しようと思っていた選手たちは残念だったと思うが、全国の山仲間との絆は一層強くなったのではないでしょうか。

 ところで、インターハイの登山競技とはどんな競技かちょっとお話しします。
 
 各校は4人パーティーを組み、安全登山に必要な体力、技術そして山の知識を競う。

 まず、天気図の作成や気象学、救急法、大会会場となる山の知識テストが行われる。次に、実際にテントに泊まりながら3泊4日の登山行動をし、テント設営や炊事、体力・歩行技術、地図を読む力や行動記録が審査対象となる。
 もちろん装備や服装のチェックもある。

 登山の知識と技術、マナーとチームワークなど幅広い観点で審査が行われ、順位が付けされる。
 安全に山に登る知識と技術、仲間と助け合い力を合わせて無事下山するまでの全てが盛り込まれた競技となっているとのこと。
(元山岳部長から補足があったらお願いします。)

 是非、来年は須坂高校山岳部が県代表となり、インターハイで活躍されることを期待したい。(N)


関連記事
松代地震観測所施設見学受付中 (10月11日)
11月登山届提出者11,417人 (02月19日)
富山県警が秋山情報発表 (08月31日)
jROが長野県にビーコン寄贈 (11月24日)
山センの人工岩場リニューアル (12月14日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):