本日 494 人 - 昨日 2019 人 - 累計 1818544 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

また槍ヶ岳で遭難2件発生

 昨日5日、北アの槍ヶ岳でまた遭難事故が相次いで発生し、1人が滑落、1人が道迷いとなったようだ。

 長野県警によると、
 4日か入山し槍ヶ岳を目指していた5人パーティーの静岡市の69歳男性が、5日、足を滑らせて滑落したと救助要請があり、遭対協、夏山常駐パトロール隊員及び長野県警山岳遭難救助隊が出動し、長野県警ヘリで救助し収容された。

 2日から3泊4日の予定で入山し、北アルプス槍ヶ岳に向け登山中の大阪府堺市の63歳男性から、5日、悪天候により道に迷い行動不能になったと救助要請があり、遭対協及び県警山岳遭難救助隊が出動した。
本日、天候の状況により県警ヘリによる救助活動も行う予定とのこと。

 また、八ヶ岳連峰で5日、「ニュウ」で足を滑らせて転倒した東京都三鷹市の64歳男性から、歩行不能となったと救助要請があり、長野県警と長野県佐久広域消防本部の隊員により救助され、長野県のドクターヘリで病院に収容された。男性は左足を骨折している模様です。

 この3件とも60代男性です。先日もお伝えしましたが、60代男性の遭難が多発しています。

 事故にあわれた皆さんは、たぶん昔から山に登っている人たちでしょうが、若い頃より体力も衰えているはずです。計画に無理あったり、行動に過信があったりはしていませんか。
 余裕のある日程でしっかりした準備、そして慎重な行動と的確な判断で山歩きをしてください。

 警察のヘリもドクターヘリも消防防災ヘリも全て、長野県民の税金により賄われています。ヘリコプター救助の有料化の話しも時々議論となっているところです。

 長野県民は県外からの観光客の皆さん、もちろん登山者も大歓迎です。
 今年は、「信州 山の日」が制定された元年で、7月15日から8月14日までは「信州 山の月間」として、各種の山の行事等も行われています。信州の山と親しみ、また楽しんで満喫してほしいと思います。

 このためにも、山から無事下山し、楽しい思い出とともに自宅に帰られることが何よりです。どうか十分お気をつけて山登りをしてください。(N)


関連記事
奥穂高岳で高齢男性滑落 (07月29日)
立山でそり滑りで骨折 (05月02日)
北ア慰霊祭行われる (07月01日)
中ア木曽駒で男性遭難か (12月09日)
赤岳滑落時は強風か (02月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):