本日 2021 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1826106 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

美ヶ原は「電波塔」銀座

画像 長野県美ヶ原高原は、長野県の中央に位置するため、放送局の放送電波送信所等の電波塔がたくさんあります。

 今日の午後、美ヶ原高原頂上の王ケ頭まで、松本市三城から「ダテ河原ルート」を歩いてみました。コース距離は3.1キロとなっています。王ヶ頭の石碑まで85分(標準コースタイム120分)で登れます。

画像 7割は樹林の中を歩きますので、日照りの強い日は助かります。後半の難所、急坂のジグザグが終わり樹林帯を抜けますと、王ヶ頭までは爽快な山歩きを楽しめます。

 さて本題ですが、美ヶ原は長野県中央に位置しどの方向にも見通しがきくことから、県内の放送局、NTT、JR、電力会社、長野県、国など16の機関の電波塔があります。

画像 昭和30年代初めに、信越放送はじめ各機関が電波送信や中継の適地として、美ヶ原に電波塔を建設してきました。

 電波塔建設の先駆けとなった信越放送の送信所は、当初、越冬のために徒歩で3時間かけて美ヶ原に登り、10日間の山頂勤務をして過酷な条件で電波を守ってきたようです。今では、どの機関も無人化が進んでいますが、冬季ももちろん点検を行っています。

画像 王ヶ頭へは一般車両は乗り入れできませんので、美ヶ原自然保護センターの駐車場に車を止めて、約30分歩かなければなりません。頂上の「王ヶ頭ホテル」の関係者や電波塔の点検のための車両に限り、管理用道路を頂上まで走行することができます。
 なお、ホテルの宿泊客は送迎があります。

画像 センター駐車場から30分歩くか、下から1時間半歩くかは別として、夏の美ヶ原は爽やかです。青い空の流れる雲を見ていますと、松任谷由美の「ひこうき雲」がいいですね。皆さんもいい汗かいてみましょう。(N)


関連記事
雪のない針ノ木雪渓を行く (09月22日)
北ア唐松岳は最高です (07月21日)
現役バリバリにやっと付いていきました (07月19日)
裏銀座への登山口七倉 (07月19日)
雲に囲まれた大菩薩峠 (11月14日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):