本日 232 人 - 昨日 2309 人 - 累計 2052902 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

唐松岳頂上山荘で相次いでけが

IMGP6220.JPG 先週、北アルプスの唐松岳にある「唐松岳頂上山荘」(写真左)で、ベットから落ちるなどして2人がけがをして県警のヘリコプターで救助された。

 長野県警の発表によると、
 7月23日から1泊2日の予定で、唐松岳への学校登山で入山した長野県塩尻市内の中学校の男子生徒13歳が、山荘で就寝中にベッドから転落し左肩を骨折した。
 生徒は、翌日午後、県警ヘリで病院に収容された。

IMGP6216.JPG また、7月25日から1泊2日の予定で八方尾根から入山し、山荘に滞在中の愛知県小牧市居在住の68歳女性は、ベッドのはしごから転落し、頭部を負傷。これまた県警ヘリで病院に収容されたようだ。女性は軽傷の模様。

 唐松岳頂上山荘で、たまたま事故が重なってしまったようだが、山歩き以外での事故は注意すれば防げるものが多いと思います。
 お互い小屋の中でも慎重に行動しましょう。
 (写真右は、唐松岳頂上山荘の部屋の一部です。)(N)


関連記事
白馬コルチナで女性宿に戻らず (12月29日)
南アの男性7日ぶりの救出 (09月09日)
韓国人が奥穂で負傷ほか2件の遭難 (06月09日)
南アで雪崩調査員が滑落 (02月05日)
赤岳、前穂、蝶ヶ岳でも滑落遭難 (05月05日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):