本日 224 人 - 昨日 2309 人 - 累計 2052894 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

上高地にあるもの

IMGP5909.JPG 今、北アルプスの上高地にあるものは、昔と変わらない雄大な自然、清らかな梓川の流れ、そして山への憧れでした。

 最近皆さんは、上高地へ行きましたか。私は、先週、上高地へ行ってきましたが、雨の上高地の散策となりました。
 
 雨を集めて流れる梓川の流れも早いのですが、水の清らかさはほとんど変わりません。初夏の緑に靄がかかった感じも研ぎ澄まされます。晴れて良し、雨も良しの上高地ですね。

IMGP5922.JPG 上高地と言えば、日本アルプスを世界に紹介した日本近代登山の父、ウォルター・ウェストン氏のレリーフが有名です。梓川右岸の遊歩道を河童橋から10分ほど歩くと、木立のなかにあります。

1405229303914.jpg これは「山に祈る塔」です。今年建て替えられ綺麗になりました。
 北アルプスで亡くなられた方の名前や家族のメッセージ刻んだ銅版が、慰霊碑に納められています。合計で580枚となっているとのことです。

 バスターミナルから大正池方向へ歩いて5分ほど行くと、カラマツの中に穂高を背にひっそりと建立されています。必ずお祈りしましょう。

1405227863186.jpg ここはお馴染みの上高地インフォメーションセンターです。バスターミナルに隣接しています。二階は展示ホールになっています。八月まで、「ナイロンザイル事件」とその著者の石岡繁雄氏に関わる貴重な資料の展示会が行われています。入場無料です。

 最初の写真は、梓川の下流から河童橋と五千尺ロッヂ方向を写してます。靄と梓川の流れ絵になります。この日も国内外の観光客が沢山訪れていました。(N)


関連記事
新穂高 路駐に反則切符 (09月19日)
越年登山は雪か (12月30日)
王ヶ頭ホテル会長逝く (03月04日)
信州の山岳も登山届義務化へ (11月21日)
自分の道は自分で刈る (05月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):