本日 1807 人 - 昨日 2405 人 - 累計 2327820 人
  • 記事検索

RSS

「氷壁の真実」が明らかに

IMGP3549.JPG 井上靖の小説「氷壁」のモデルにもなった「ナイロンザイル事件」に関する展示が、上高地インフォメーションセンターで行われている。

 「ナイロンザイル事件」は、2月1日掲載のブログ「『氷壁』の真実」で紹介しているので是非ご覧いただきたいところ。
 
 昭和30年当時、「11ミリ麻ロープより8ミリのナイロンザイルは3倍の強度があり、1トンの引っ張りにも耐える。」とのメーカーの保証ザイルが売り出された。

 しかし、このザイルは、北ア前穂高岳の岩稜であっけなく切れ、岩稜会所属の三重大の若山さんが滑落死した。

 この事故の原因解明にあたったのが、亡くなった若山さんの兄の石岡氏(名大OB)である。
 石岡氏は、自ら実証実験を行うなどして、ナイロンザイルの欠点と、メーカーの過失を究明していく。
 この石岡氏の20年にも及ぶ戦いが「ナイロンザイル事件」だ。

 写真は、大町市山岳博物館の展示されているものだが、今回は石岡氏ゆかりの上高地で、実験の様子の写真など約200点が展示されているとのこと。
 展示を見れば、石岡氏の事件解明への執念と、当時の山岳会の存在意義を感じることができるはず。
 展示会は、8月末まで開催。夏山の帰路には立ち寄ってほしいところ。(N)


関連記事
谷川岳稜線は凍結注意 (10月26日)
全国の時間毎の紫外線の強さがわかる (12月18日)
千畳敷スキー場OPENは4月28日 (04月20日)
長野県は登山届義務に罰則も設けず (02月24日)
利尻で北大医学部生死亡 (04月07日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):