本日 4107 人 - 昨日 6277 人 - 累計 2600910 人
  • 記事検索

RSS

北ア 奥穂高岳で4人が救助要請

 北アルプスの奥穂高岳に登った男女四人が、けがで下山できなくなり救助を要請しました。

 信越放送によると、
 昨日(6/28)、奥穂高岳(3,190m)に登っていた大阪府と兵庫県の36歳から70歳の男女4人のうち、標高2,200m尾根で60歳の男性が雪渓で150m滑落し足にけがをしたとのこと。

 昨夜、所属する山岳会を通じて「下山できなくなった」と警察に通報がありましたが、天候が悪くへりで救助できず、四人の山岳会のサポート隊や警察の救助隊と合流し、岳沢小屋に向かって自力で下山をしているようです。

 警察は、明日ヘリでけが人を救助する予定の模様です。


関連記事
滝に落ちた一人を発見 (08月18日)
群馬高田山で男性滑落し不明 (05月05日)
山岳ガイドの男性遭難 (01月12日)
新潟で親子不明 (05月07日)
雨飾山の女性四日ぶりに助かる (05月11日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2014/06/30 20:15
 けがをした男性は、無事へりで救助され、他の三人も自力で下山した模様です。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):