本日 2125 人 - 昨日 1892 人 - 累計 1823939 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

白馬山荘の太陽光発電

 北ア白馬山荘の電力は、大規模な太陽光発電施設により賄われています。

 山小屋の電力は、どのように賄われているのでしょうか。

 皆さんも、山小屋には行ったことはあると思いますが、一般的にディーゼルエンジンの発電機が一般的でしょうか。

画像 最近では、自然エネルギーの利用が進み、風力発電とソーラーパネルによる太陽光発電のハイブリッドもかなり普及しています。
(写真は仙丈小屋の風力発電施設)

 大規模な山荘として有名な北アルプスの白馬山荘では、昭和シェル石油(株)と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) との共同事業で、平成2年度から太陽光発電システムの運転を行ってきた。

 昼間、太陽光発電施設で作られた電気(直流)をバッテリーに蓄電している。

 車のバッテリー(12V)とは違い、ソーラー専用のバッテリーで、1個たったの2Vだという。

 それを55個直列につないで114Vにして、さらに直流を交流に変換するインバーターを通して交流100Vの電気を作っている。

 こうして白馬山荘では、トイレなどの24時間点灯を実現。

 ただし、天候不良が続けばバッテリーは殻になってしまうようだ。
 
 いずれにしても、山では水とともに電気は大変貴重なもの、それぞれ節電に協力しましょう。


関連記事
真冬の戸隠奥社参道から (03月03日)
北アルプスまずまずの天気 (01月01日)
冬の富士登山登山届義務化へ (10月19日)
信州の山岳で越年 (12月30日)
マッキンリーski滑降に成功した男 (09月05日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):