本日 1758 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1825843 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

烏帽子岳から湯ノ丸山を縦走

画像 梅雨の晴れ間を利用して、ちょっと山歩きをしてきました。午後は予定があるので、早起きして、烏帽子岳(東御市・上田市)と湯の丸山を歩いてきました。

 梅雨だというのに、こんなに青空が広がっている。これで山に行かないことはないです。もう二週間歩いてないから、来月のトレーニングをしないと。

 そんなわけで、比較的自宅から短時間で行ける東御市の湯の丸山(2098m)と烏帽子岳(2066m)をまとめて登ることにしました。

画像 私だけでなく皆さんも、この日を待っていたのではないでしょうか、ぞくぞくと人が集まってきます。登山口(地蔵峠)の駐車場も車で埋まっていきます。

 湯の丸高原は、スキーで一度着たことがありますが、雪のない時は初めてです。つつじや高山植物が豊富なことで有名なので、トレッキングの家族連れや年配者のグループが多いようです。1時間半程度で山頂に登れて、花の観察もできるとなればビギナー向けですね。

画像 烏帽子岳は、樹林帯を抜けると気持ちの良い稜線歩きとなります。スタートから1時間20分ほどで山頂に着きます。
 この日は、360度の大パノラマで、富士山もしっかりと見えました。浅間連峰や四阿山はもちろん、北アルプス、中央アルプス、御嶽、乗鞍、八ヶ岳、北信五岳なども遠望できました。

 次に、湯の丸山へ向かいます。一旦コルの分岐点まで下り登り返します。コースタイムは約1時間半ですが、登り返しは意外ときついです。年配者のグループが多く、大編成のため、すれ違いに時間がかかり渋滞が発生します。
 どんなに急いでも、1時間はかかりますね。

画像 南峰の頂上標周辺(右の写真)は人だかりができています。すかさず北峰へ移動(左下の写真)します。北峰は大岩が積み重なっていて、スペースもあまり広くありません。グループが来るとあっという間に定員オーバーです。

 仕方なく南峰に戻り、コーヒーブレイクです。南峰はとても広く、自分のスペースを確保できます。山で飲むコーヒーは格別です。藤井フミヤは湧水でコーヒーを沸かしていましが、そこまではできませんが。

画像 軽食後下山です。つつじ平を経由して湯の丸高原スキー場の駐車場へ戻ります。得意の下りです。トレイルラン、ゲレランでコースタイム1時間のところ30分でゴール(12:10)。駐車場は、第二駐車場にまでバス、自動車が埋まっています。早めに出てよかったです。

 ところで、今日はグル―プや家族連れが目立ちましたが、可愛い登山者とも出会いました。
 一人は、保育園の年長の男の子(写真:左中)です。お父さんと一緒でしたが、元気にしっかりした足取りで自分で歩いていました。

画像 次は、登山者ならぬ登山犬(写真:右下)です。飼い主の男性と烏帽子岳に登って、四阿山方向を眺めていました。犬も眺望が好きなんですね。登山犬は、昨年の浅間山の前掛山でも出会っています。それ以来です。山での出会いは、楽しみの一つですね。

 詳細な山行記録は後日アップいたします。ご期待ください。(N)
 


関連記事
天狗岳の眺望は最高です (07月26日)
今度は、山さー! (11月11日)
孤高の山「鳥甲山」を踏破 (09月14日)
45年ぶりの鴨ヶ岳 (04月19日)
苗場山 大湿原の草紅葉 (10月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):