本日 2247 人 - 昨日 2972 人 - 累計 1661098 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

サクランボの収穫

画像 梅雨の晴れ間を利用して、サクランボの収穫をしました。今年は、粒ぞろいだったのですが、、、

 サクランボの種類は、「サクランボの王様」とも「赤いルビー」とも言われる代表的な品種「佐藤錦」です。
 この品種は、初めて交配に成功した山形県の佐藤さんから名前をとり、「佐藤錦」と名づけられたものです。

 ただ、サクランボを栽培するには、受粉のためもう一種類を栽培する必要があります。ちなみに我が家は「ナポレオン」ですが。

 さて、今年の出来はというと、着果までは順調でした。その後、降水量が少なかったのですが、例年より気温の高い日が続き、早く色づき始めました。

画像 梅雨入り後は、気温が高めのところへ夕立のような降雨があり、実が割れてしまいました。これがサクランボの栽培の難しいところです。

 農家のように、木の上にシートを張るほど手間もかけられません。せいぜい鳥避けのネットを、張るのが精いっぱいです。(写真右)

 サクランボが食べ頃になったころ、ネットを張ってないと、一日で鳥に丸坊主にされてしまいます。

画像 写真左下は収穫したサクランボですが、八割は割れてしまっています。本当に残念です。中には、木になったままカビが生えているものもありました。
 味はまずまずですが、欲を言えばもう少し赤みが付けばいいのですが。

 しばらく雨が降らないと今後の収穫は期待できるのです。天気のことは分かりませんね。(N)


関連記事
三月は晴れの日が多い予報 (03月04日)
菅平高原は降雪機フル稼働 (12月20日)
オリジナル雪囲い (12月08日)
今冬は暖冬 三か月予報 (11月27日)
「中央アルプス 西駒んボッカ大会」開催 (04月23日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):