本日 150 人 - 昨日 2329 人 - 累計 1973270 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

ハイドレーションの手入れ

画像 登山用具は、安全で安心な登山をするために本当に重要なものです。ですから、日頃の手入れも必要となってきます。
 今回は、ハイドレーション・システムの手入れ方法の一つを紹介します。

 山行中の水分補給に重要な役割を果たすのが、ハイドレーションです。歩きながら水分補給ができるから大変便利なものです。

 直接、口から水分を補給しますから、特に衛生面の注意が必要です。カビが生えたまま使用して、痛い目にあってもいけません。

画像 そこで、手入れ方法ですが、市販の専用ブラシでリザーバー(タンク)とチューブ内をしっかり磨きましょう。
 水垢とり、又は食器洗浄剤を使用して、水垢や嫌な臭いを取り除き、最後に熱湯消毒をして終了です。

 気温が上がり、湿度も高くなってきました。気づいたら、チューブ内がカビで黒ずんでいたとなってもいけません。ハイドレーションはいつも衛生面の考慮をしましょう。

 市販の専用ブラシは、写真の二点セットで1,500円から2,000円程度です。短いものはリザーバー用、長いもの(約110cm)はチューブ用です。交換用チューブより安いので、すぐに元は取れます。これでしっかり手入れをしましょう。

 なお、ハイドレーションの素材により、この手入れ方法が適さない場合もありますので、よく取扱説明書を読んだ上でお試しください。(N)


関連記事
エマコンに応募しよう (02月28日)
早くもスキー用品が店頭に (09月30日)
シナノが「落ちにくい先ゴム」開発 (04月08日)
モンベルと長野県遭対協がサプライヤー契約 (06月28日)
雪山の装備 (12月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):