本日 1855 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2049944 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

木曽駒ヶ岳桂木場ルート不可

 中央アルプス木曽駒ヶ岳の桂木場ルートは、アクセス道路が通行止めのため、今シーズンは利用できないことがわかりました。

 桂木場登山口に通じる長野県道[伊那駒ヶ岳線]が、昨年9月の台風のの影響と今年3月の降雨により、全面通行になっている。

 この災害復旧工事は、本年12月中旬までかかる見通しで、今シーズンについては、車両や歩行者の通行ができない。

 よって、木曽駒ケ岳登山については、桂小場ルート・信大ルートを利用することができまないため、権現山ルートか北御所ルート、又はロープウェーを利用することになる。

 新田次郎の「聖職の碑」の題材となった大正2年の中箕輪尋常高等小学校の修学登山遭難から、昨年で100年ということもあり、どうしてもこのルート(桂木場ルート)で登りたいと思って、今年の山行計画に入れたものだが、これでは来年に順延とします。残念!!(N)


関連記事
信州クマ目撃情報相次ぐ (06月05日)
登山届未提出は5万円以下の過料 (09月05日)
おっ、1000アクセスだ! (12月11日)
タラの芽が切られる (05月11日)
谷川岳危険地区今日から登山禁止 (03月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):