本日 2267 人 - 昨日 2156 人 - 累計 2047997 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

これが名物の「山頂そば」だ!

NEC_0466.JPG YAMACHO(やまちょう)の「山頂そば(やまちょうそば)をご存知ですか。
 長野市内にあるちょっと隠れたラーメン店の「そば=ラーメン」のことです。

 YAMACHO(やまちょう)は、昨年夏、長野市内にオープンしたラーメン屋さんです。毎日食べられる体にやさしいそばを作りたい、というこだわりから生まれた、完全無添加の中華そばが自慢です。

 店は長野市北石堂町にあるのですが、ちょっと分かりにくい場所にあります。長野駅前の千石から二線路通りを北西に進み、中央通りを横切るとまもなく右手(アゲイン駐車場横)に、洒落たバーのよう外観がYAMACHOです。

NEC_0465.JPG 店内は、居酒屋のような雰囲気となっています。木製のカウンター(写真右)がL字形にあり、テーブル席は大小5つとなっています。

 このお店、高山村山田牧場(ヤマボク)にあるRedwood Inn(レッドウッドイン)のプロデュースだそうです。本家のレッドウッドも、ヤマボクでとてもお洒落で美味しい料理を提供してくれるロッジですので、YAMATYOにもオーナーのこだわりが随所に見られます。

 食券は、最初に入り口の自動券売機で購入します。
「山頂そば(やまちょうそば)」(写真左上)は普通盛が800円で、トッピングの味玉(半玉)、豚肉チャーシュー、ねぎが別皿に乗ってついてきます。チャーシューは厚めですが、とても柔らかく味がしみこんでいます。ただし、普通盛はやや量が少なめですので、物足りないと思う方は、大盛100円プラスの方がいいですよ。

NEC_0464.JPG 麺は、手打ちの平麺のちぢれ麺でしっかりしています。スープは、野菜、魚介、豚、鶏を丸二日かけて旨味を引き出し、コラーゲンたっぷりの醤油ベースのスープに仕上げられています。自慢のスープだけあって、麺とのコンビネーションが絶妙。味もしつこくなくて美味しいです。
 ただ、毎日食べても体にやさしいといっても、毎日800円のランチを取るわけにはいきませんが。

 つけ麺がよろしい方は、「つけ山頂」(750円)がおススメです。
 また、この時期、ランチタイムにライスの無料サービス(通常150円)を行っています。このライスのお米や野菜は、安全で新鮮な高山産を使用しているとのことです。

 私は、偶然に偶然が重なってYAMATYOを見つけたのですが、高山村と縁があり、美味しいそばに出会い本当に良かったです。皆さんも、オーナーこだわりの「山頂そば」を是非食べてみてください。ハマりますよ。

 言い忘れましたが、店名やメニューの「やまちょう=山頂」の由来ですが、山の上でラーメンを作っていたことがあるからだそうです。(N)




関連記事
菅平のグルメは「焼きカレー」 (02月08日)
「涌井せんたあ」に行ってきましたあ! (05月29日)
年越し蕎麦は「最高地点」でいかが (12月27日)
山食「千畳敷飯」 (02月14日)
石焼らーめん火山 (01月23日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):