本日 2492 人 - 昨日 2405 人 - 累計 2328505 人
  • 記事検索

RSS

えっ! 奥穂高岳で連続遭難

 今日(5/17)、北アルプスの奥穂高岳で、男性1人死亡、もう1人は重傷の模様。奥穂高岳はGWに2人が亡く亡くなったばかり。

 岐阜新聞などによると、
 5月17日、北アルプス奥穂高岳(3,190m)で、山岳遭難が相次ぎ、男性2人がそれぞれ救助されたが、1人の死亡が確認され、もう1人は重傷とのこと。

 同日正午ごろ、奥穂高岳の白出沢で人が倒れているのを登山中の男性会が見つけ、山荘を通じて高山署に届けた。

 岐阜県警の話として、山岳警備隊がヘリコプターで午後6時半ごろに救助したが、間もなく死亡が確認された。ヤッケを着用し、オレンジ色の登山靴を履いていたとのこと。

 奥穂高岳では、ゴールデンウィー中に2名が死亡したほか、長野県勤労者山岳連盟の8名が救助されるなど遭難事故が多発したばかりで、またこのような遭難が発生し本当に残念です。ご冥福をお祈りします。


関連記事
滑落した女子高生を救助 阿弥陀岳 (03月09日)
黒部水平歩道で女性転落 (11月04日)
唐松岳頂上山荘で相次いでけが (07月29日)
今年は大学山岳部の遭難多発 (12月15日)
浅間山の大噴火 (12月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2014/05/18 07:47
 信濃毎日新聞によると、昨日、奥穂高岳で亡くなられた男性は、兵庫県南あわじ市の40代消防署員と確認された。
 また、別の登山者も同じ奥穂高岳の白出沢で滑落し救助されたが重傷のようだ。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):