本日 4519 人 - 昨日 6442 人 - 累計 2607764 人
  • 記事検索

RSS

奥穂で別のパーティーの3人遭難

 5日、北アルプスの奥穂高岳で、3人が遭難し、1人が心肺停止、1人が行方不明、残る1人は凍傷を負っている模様。

 読売新聞によると、
 5日夜、茨城県の3人パーティーが、岐阜、長野両県にまたがる北アルプスの奥穂高岳(3,190m)で、道に迷ったと茨城県の山岳会に通報があり、連絡を受けた岐阜県警の山岳警備隊員と穂高岳山荘従業員が、6日午前8時半頃、稜線(りょうせん)上でこの男性を救助し、長野県警のヘリコプターで病院へ搬送された。

 岐阜県警の話として、男性は手に凍傷を負ったが命に別条はない模様。もう1人も近くで発見したが、心肺停止状態で、残る1人の行方は分かっていないとのこと。

 奥穂では、既報のとおり、長野県の山岳会の5人も救助を待っているが、奥穂ではかなり厳しい気象条件だったのでしょうか。昨日は、平地でも北風が時折強く吹いていましたから、、、。(N)


関連記事
木曽御嶽山の山スキーで遭難 (06月01日)
剱岳では滑落事故 (05月04日)
「真田丸」人気の岩櫃山で滑落事故 (05月14日)
白馬鑓で男性が滑落 (07月31日)
徳島で遭難の夫婦は無事 (06月12日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):